バナー

インプラントの構造について

インプラントの構造は、おおむねは人工歯根とアバットメント、上部構造の3つに分けることができます。

まず、人工歯根は、歯槽骨の中に直接埋め込まれる部分で、チタンかチタン合金で作られております。

渋谷のインプラント情報は信頼性が高く、好評です。

チタンは、人体親和性が高い金属で、埋め込むと骨と結合するという性質があり、また、アレルギーも引き起こしにくいという点でチタンが多く使われております。

しかし、稀にチタンアレルギーというものがあるため、心配な方は血液検査などでアレルギーを確かめてから利用することがお勧めです。チタン以外だとジルコニアといった選択肢があります。

新宿のインプラント情報を検索しましょう。

アバットメントは、人工歯根の上に取り付けられる、上部構造を支える役割を持っており、通常はチタン、チタン合金などですが、より審美性の優れたものにはセラミック製のものもあります。

上部構造は、歯の部分となります。

マイナビニュースの情報を見つけよう。

白い素材が主となり、内側に金属の裏打ちのあるメタルボンド、セラミックだけでできているオールセラミックなどの種類があります。
インプラントの上部構造には、それぞれ特徴があり、費用もそれぞれ異なるため、特徴を踏まえたうえで利用することが大切です。

価格も高ければ良い、見た目が白ければ良いなどとは一概に言うことはできないため、どの素材が適しているか先生と相談し選ぶことが大切です。

最後に、インプラントは、長持ちさせるためには日々のメンテナンスが必要なため、普段の歯磨きによるセルフメンテナンスと、普段の医院での定期的なメンテナンスが重要となります。